ゆるるん自宅警備

大人になりたくない大人のブログです

金縛り

私はよく金縛りにあう。

子供の頃から金縛りによくあう。

なので「金縛り」に関しては「金縛り2段」位貰ってもいいんじゃないか?と思う位、金縛り経験者だと自分で思っている。

「金縛り」って言うとよく「霊感強いんじゃない?」とか聞かれるけどそんなんじゃないと思う。

霊感が強かったら納棺師はしていなかった。

お化けを見た事も聞いたこともない。

心霊スポットとかに行っても何も感じない。

私は結構鈍感に出来ているのだ。

私の金縛りにあう時は条件がある。

「昼寝をする」か「二度寝をする」で必ずと言っていい位金縛りにあうのだ。

睡眠が浅いのだろう。

「ちょっとお昼寝しよう」って感じで昼寝が出来ないのが辛い所・・・。

「今日は何にもないから二度寝しよう」と言って二度寝も出来ない。

昼寝や二度寝をするとすぐに「金縛り」はやってくる。

金縛りにあっている時はものすごく苦しいし、全身が動かないので不安になる。

「あ!!やばい!」と頭では考える事が出来るが、身体は全く動かない。

胸のあたりになんか乗ってる・・・と言う感じになったり、黒電話が無いのに黒電話の音が聞こえたり、冬なのに蝉の声とか聞こえる時もあった。

「変な音」でまず不安は爆発する。

景色が見える時もあるし、活字がマトリックスの緑の字みたいに振って来る時もあった。

何だかわからない黒い影が見える時もある。黒い影に首を絞めつけられている時もあった。

「これは金縛りがきたな・・・早く起きなきゃ!」と思い起きようとしてもなかなか目覚めることが出来ない。

呼吸が苦しくなってきて「もう・・・だめだ・・・」と思った時、金縛りから抜け出せる。

抜け出せた時の疲れは半端ない。

時計を見ると、寝る前から15分から30分位時計が進んでいる。

金縛りにあっている時はものすごく長く感じる。

もちろん黒い影なんてどこにもない。

一回、ものすごく苦しくて「今回は死んじゃう!」と思い、何故か旦那に助けてもらおうと電話をかけようと思った。

苦しくてもがいてやっとの思いで電話に手が届いて「助かる!!」と思った時に金縛りから解けた。

手に握っていたのは電話ではなくテレビのリモコンだった。

なんでリモコンを握っていたのかは分からない。

今でも私の中の謎だ。

それからは携帯電話と家電とテレビのリモコンは間違えないように気を付けている。

二度寝や昼寝をしたら心地よく目覚める事が出来る人が多いと思うが、私の場合は金縛りの疲れしかない。

「あぁ・・・昼寝なんてするんじゃなかった・・・」と毎回後悔する。

金縛りってなんなのさ・・・と思い調べたら「脳が起きていて体が寝ている状態」らしい。

ほうほう・・・。なんかわかるぞ・・・。

やっぱりお化けじゃなかったんだ!と思ったが、黒電話の音や冬の蝉の声はなんだかんだで気味が悪いもんだ。

二度寝」も「昼寝」もしなければいいのだ。

でもたまに睡魔に負けて「二度寝」や「昼寝」をしてしまう。

夜寝る時は大丈夫なの?と聞かれるが、夜は「睡眠導入剤」を飲んで寝ているので一気に深い眠りに行ける。

夜中は熟睡だ。

医師が「無くてもいいんじゃない?」と言う位軽い導入剤なのだが、これが無ければ夜まで苦しまなければならないと思うとなかなか手放せない。

そんな私の睡眠事情なので「昼寝」も「二度寝」もしないで夜たっぷり寝ようとしているのだが、面白いゲームなんて始めたら休みの日の睡眠サイクルが変わってしまう。

金曜日から日曜日まで私は二次元の世界で活躍しなければいけない。

呪文を唱えたり、悪い敵をやっつけるのに忙しくなってしまう。

休みの日は必ず夢を見る。そして金縛りもある。

二次元と三次元がごちゃ混ぜになっている夢だ。

私が家に居るのに魔法の呪文を唱えているような夢だ。

そんな夢の中で「あ・・・もうすぐ金縛りになる!」と分かるのだ。

休みの日は旦那が居るので金縛りの最中に旦那に「体を起こして」とお願いする。

体を起こす事によって金縛りは終わるのだ。

ある意味これがどんな呪文よりも効果がある。

旦那は金縛りにあったことがないみたいで「ふ~ん・・・大変なんだね」と一応それっぽい事を言う。

「思っていないくせに・・・」と心の中で思っていても旦那に体を起こしてもらわなければ苦しいままなので口には出さない。

科学と医学の進歩で「金縛りにあわない薬」や「金縛りにあうと自動で体を起こしてくれるベット」があったらローンを組んででも買うのになぁ・・・と思う。

こればっかりは上手く付き合っていくしかないのだが、今でも「お昼寝」や「二度寝」の心地よさを体験してみたい。